クラウドファンディング とは?関連銘柄まとめ✍️

スポンサーリンク

皆さん、お疲れ様です。

2020年5月23日現在でコロナの感染は依然と続いてますね😰

新型コロナウイルス感染 世界マップ
新型コロナウイルスの世界の感染者数が累計4240万人を超えた。死者は114万6000人を上回った。世界では過去最悪ペースの感染拡大が続いている。世界地図で感染状況を見る。

日本では落ち着きを見せてきておりますが、これからキャッシュがショートする企業が多数出てくると思っています。

2020年4月の段階で、大企業の投資子会社(コーポレートベンチャーキャピタル)の90%が「2020年のベンチャー企業への投資額を2019年より減らす」、31%が「2020年の投資額を2019年の半分未満に抑える」との意向を持っていることがわかったそうです。

また、国内スタートアップ企業の42%が「半年以内に資金が枯渇する可能性がある」という懸念を持っていることが判明しました。

今後は、新型コロナの影響を受けた事業者に対して、
「クラウドファンディング」を活用した支援が拡大していくと考えています🧐

なので今回の記事で関連銘柄をまとめてみました👍

そもそもクラウドファンディングとは、「Crowd(群衆)」と「Funding(資金調達)」を組み合わせた造語です。

大きく分けると4タイプに分類できます。

 「購入型」

応援購入の返礼としてプロジェクトの実行者からリターンを受け取ることができます。

リターンの内容は、完成した製品や特別割引券、特別イベントの参加、などプロジェクトによって様々です。

また、応援金額によって異なるリターンが設定されている場合もあります。

「寄付型」

社会貢献を目的としたクラウドファンディングで、基本的にリターンの発生はありません。

ただし、非金銭的なものであればリターンを設定することが可能なのが特徴です。

「融資型」

投資家から集めた小口の資金をもとにクラウドファンディング業者が事業者に融資を行い、その利息を含めた返済金を投資家に分配します。

「株式投資型」

クラウドファンディングを通じて非上場企業に出資し、その対価として上場前の株式を受け取らことができます。

ベンチャーキャピタル的なクラウドファンディングと言えるのが特徴です。

では関連の注目すべき個別銘柄を見ていきましょう✍️

コメント